寺子屋コラム 禅之五

瞬くん
はー。サマージャンボ宝くじでも買おっかなぁ。
夢見たいもの一攫千金。
小次郎講師
はい出ました、他力本願。
瞬くん
だってだって!ロマンあるじゃないですか!
世知辛い現実ばかりなんだから、夢くらい見させておくれよ!
小次郎講師
いいですか。
宝くじの1等に当たる確率は1000万本を1ユニットで計算した場合、その中に1本だけ当たりがあるわけですから、1枚買って1等が当たる確率は1/1千万。ちなみに雷に打たれる確率はこれと同じと言われていて、他の例えだと100kgの米粒の中から当たりの1粒を探し出すのと同じだとか、北海道にいるとして上空から落とされた1円玉が頭に当たる確率と等しい、だなんて言われています。
それから瞬くん、パトカーに轢かれる確率ってものを知っていますか?
瞬くん
パ、パトカー!?
小次郎講師
物騒な話ですが、数年に一度パトカーだって事故を起こしてしまうんです。極めて低い確率で。
でも日本に幾万と無数にある車の中からパトカーにのみ轢かれる確率というのは宝くじで1等が当たる確率よりもまだ高いらしく、
つまり宝くじを買って1等に当たらないかなと毎日ワクワクしながら過ごすのは、常日頃外を歩っている時にパトカーに轢かれないかとビクビクしながら過ごすより有りえない話なんです。
どうですか?普段歩いている時にそんな有りえない天文学的確率のこと考えて歩きますか?んー?んんんー?
瞬くん
う…うわーん!!なんたる現実主義的人間!!
理論武装完璧でここまでボコボコにしなくても…!
大人は意地悪だ!汚いっすよ大人は…!!
小次郎講師
ね。コレで分かったでしょう。
そんな運任せの他力本願にすがるより、キチンとした投資の知識を身につけてトレードで勝っていく方が自分の力になりますし、億万長者への道のりとしてもはるかに現実的で確実ですよ。
瞬くん
ぐうの音も出ない…!
小次郎講師
ということで、今日もしっかりココ寺小屋で学んでいきましょう!

4、その指標の買いシグナル・売りシグナルを学ぶ。

瞬くん
前回のおさらいとしてコレっすね。

小次郎講師流学習ルール

1、計算式を覚える。
2、計算式の意味を理解する。
3、計算式がどこを見ているかを知る。
4、その指標の買いシグナル・売りシグナルを学ぶ。
5、それが何故買いシグナルなのか、何故売りシグナルなのかを理解する。

さすがにそろそろ覚えてきましたよ僕だって!

小次郎講師
今回は続きの
「4、その指標の買いシグナル・売りシグナルを学ぶ。」
から確認していこう。
瞬くん
はいっす!
小次郎講師
じゃあ、移動平均線においての買いシグナル・売りシグナルってのは何でしょうか?
瞬くん
そりゃ、有名な「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」ですよ!えっへん!褒めて褒めて!
小次郎講師
褒めるにはちぃとばかし早い。
じゃ「5、それが何故買いシグナルなのか、何故売りシグナルなのかを理解する。」を考えた時に、なぜゴールデンクロスとデッドクロスは売買シグナル足り得るのですか?

瞬くん
ご、ゴールデンクロスだと買いがチャンスになる理由・根拠っすか…?
小次郎講師
そう、またはデッドクロスの売りもね。
瞬くん
そんなん…知らないっす!だって本やネットにそう書いてあったんすもん!
小次郎講師
そう、そういう人が今の世の中、本当に多いんです。
君だけじゃなく、大抵の人は4の売買サインだけしか知らない、いや、売買サインだけ知っていれば勝てると思ってしまっている。
瞬くん
そうじゃないんですか!?
小次郎講師
ちゃんと根拠・構造を知らなければ理解したことにはなりませんよ。
理解しなければ当然使いこなすこともできない。
またよく知らないから、予測と違う「ダマシ」が起きた時にも何でなのか理由すらわからない。で、わからないから、たまたまだろうって適当に流してたら、また同じような目にあって大損する。
瞬くん
い、言われると確かに…
小次郎講師
少し厳しいことを言うようですが、そんな付け焼き刃の表面だけの知識で勝てるほど投資は甘くはありません。
しっかりと中身を理解するから自分の武器として使いこなせるようになるのです。
例えば携帯電話の仕組みが一切わからない人が携帯電話を作り出せますか?理解するとはそういうことなんです。
瞬くん
売買サインだけ知ってて満足していた昨日の自分にバイバイ。
小次郎講師
そうそう。(敢えてツッコまず)
でも、テクニカル分析の仕組みはそれほど難解ってものは実は少ない。
だからキチンと理解しようと思って勉強すれば、理解できて使いこなせるようになるものばかりなんですよ!そこはご安心ください。

5、それが何故買いシグナルなのか、何故売りシグナルなのかを理解する。

小次郎講師
こういったチャートがよくありますが、ゴールデンクロスとデッドクロスがまず確認できますよね。
オレンジの線が20日移動平均線です。
瞬くん
価格が移動平均線を下から上に突き抜けたゴールデンクロスと、
上から下に突き抜けたデッドクロス。
小次郎講師
そうです。
そして移動平均線はその期間の平均的な買値売値を表しているので、
ゴールデンクロス以前は価格が移動平均線の下にあり、いわゆる買い方
損してるよ時代。ところがゴールデンクロスより後は、価格が移動平均線の上
に来て、買い方儲かってるよ時代。
瞬くん
ということは、ずっと買いで持ってたとしたら、ゴールデンクロスを境に利益マイナスだった買い方が利益プラスになるんですね!
小次郎講師
そう、そしてさらに気持ちの面としては??
瞬くん
損がなくなったので強気で再び買いのアクションを起こせます!調子乗っちゃいます!
小次郎講師
調子に乗るのは良くないとして、でも確かにそういう投資家心理が働くんです。
だから買いがどんどん増えて価格も当然上がっていく。
瞬くん
じゃ、売りで持ってる人は??
小次郎講師
売りで持ってる人はゴールデンクロスするまでは価格が移動平均線より下にあって儲けてる状態。
でもクロスしてしまうと損に切り替わり、そこからは価格が上がれば上がるほど損が膨らんでしまうから、ゴールデンクロスが起きた後はいつロスカットするかばかり考えるようになる。
瞬くん
そもそも「下がる」と思って売りで持ってるわけですもんね。
小次郎講師
そして売り方が耐えきれなくなって「よし、仕方ないけど損切りだ!」と思って決済ですることは、売りの反対だから「買い」なんです!
瞬くん
そうか!売り方も諦めて「買い」の行動を起こしていて、先の買い方も気が大きくなって更に「買い」のアクションを起こすわけだから、
ゴールデンクロス後に起こる行動は両者とも「買い」なんですね!だから価格も上がると!
小次郎講師
That’s right!!!
その仕組みがわかれば万事OKです!
瞬くん
やっった!!
小次郎講師
つまりゴールデンクロスをきっかけに、
売り方優勢だった時代から買い方優勢の時代にガラッと切り替わるわけなんです。
瞬くん
そしてデッドクロスはその逆だと。
小次郎講師
そうです。
買いの人→プラスだったのがマイナスになっちゃうから決済しよう…!
=「売り」

売りの人→マイナスの辛い時代から利益がプラスになるウハウハな時代に突入したわけだから強気でいける!
=「売り」

というメカニズムで、デッドクロスが起こると売りが一斉に起こり、価格は下落していく。

瞬くん
デッドクロスを機に売り方優勢の時代に突入するんですね。
小次郎講師
と、ここまで理解できれば、先ほど言ったような「ダマシ」が起こる仕組みも理解でき、「ダマシ」くんとも仲良く付き合えるようになる。
瞬くん
(すぐ擬人化しちゃうあたりが昭和の匂いを感じるなぁ…)
小次郎講師
君だって昭和生まれでしょう。
瞬くん
(こ、心の中が読み取られている…!まさかサイコメトリーの能力者か!?)
小次郎講師
テクニカル分析にダマシは付きもの。確率的にそうなることが多い、という分析手法なので、低い確率の方に働くことも当然あります。
瞬くん
それを移動平均線のゴールデンクロスとデッドクロスに当てはめると?
小次郎講師
ゴールデンクロス…下降トレンド→上昇トレンドに切り替わるところで有効
デッドクロス…上昇トレンド→下降トレンドに切り替わるところで有効
瞬くん
ということは…
小次郎講師
「もみ合い相場」の時にはゴールデンクロス・デッドクロスはうまく機能しません!
瞬くん
もみ合ってる時は価格がすぐ移動平均線の上に行ったり下に行ったりしてますもんね。

小次郎講師
単純に売買サインとしてだけ見ていると、ゴールデンクロスで買ったのに下がっちゃう、デッドクロスで売ったのに上がっちゃうということになってしまうんです。
だからもみ合い相場の時にではなく、大きなトレンドができた後などに注目してかなきゃいけないんですよ。
ゴールデンクロスが起こったら”必ず”値段が上がる、デッドクロスが起こったら”必ず”値段が下がる、というわけではないんです。
瞬くん
これもテクニカル分析の仕組みや売買サインの理由がわかる今だからこそ言えることっすね!
小次郎講師
まさにそう。だから本やネットの情報を鵜呑みにするだけでなく、自分の頭でちゃんと考え理解することが大事なんです。
以上、移動平均線を学ぶにあたって必要な5つの視点をそれぞれ解説してきました。
瞬くん
僕最初の方忘れかけてるんで、バックナンバーも読んでもう一回復習するっす!
小次郎講師
その心がけこそ美徳。復習はしてもしても、し過ぎるなんてことはありませんからね。

移動平均線の奥義

小次郎講師
ゴールデンクロスやデッドクロスだけ見るのではなく、
さらに移動平均線の奥義として以下のことも大事です。
現在の値段とその期間の平均的な買値売値を比較して単にプラスかマイナスかを見るだけでなく、どのくらいプラスかマイナスかを見ることも重要。
瞬くん
なんでっすか?
小次郎講師
価格が移動平均線と離れ過ぎるとプラスだったら利益確定したくなってトレンドが一旦収束、マイナスだったら損切りのラインに引っかかって、さらにトレンドが加速する、なんて可能性が見えてくるからです。そして“どのくらいプラスかマイナスか”を見ていれば、それが減ってきたらそろそろゴールデンクロスやデッドクロスが起こりそうだなぁってことも前もって予測できるようになります。
先のことが少しでも読めたら大きなチャンスですよね?
瞬くん
単なる売買サインだけじゃなく、そこを見てこその真髄なんですね。
小次郎講師
やっぱり「移動平均線に始まって、移動平均線に終わる」、
この格言通りテクニカル分析において移動平均線はものすごく奥が深いんですねぇ。
瞬くん
なるほどね。
よっしゃ!これで僕も移動平均線マスター…か。
小次郎講師
おや?そうですねぇ、まぁ仮に移動平均線を世界で研究している及び普段のトレードに活かしている人が数百万人いるとして、昨日今日詳しくなったつもりの君がその世界でマスターの地位に上り詰めるとしたら、まず確率論的に仮定としてマスターと呼べる一定の割合の習熟度を超えた人間の母数をYとするtおrfprskw@えあm
瞬くん
わー!!また冒頭に戻る!
言わなきゃよかった軽はずみな発言に後悔の念!

おしまい

おすすめ



公式インジケーターを利用する



小次郎講師と投資を学ぶ