個別株11 「BEENOS」【3328】

         

動画で直近相場をリサーチ「チャートで選ぶ個別株」。

こちらは、様々なファンダメンタルズ要因から個別株の銘柄を選択するのではなく、
小次郎講師流で【チャートの形状】から今興味深い銘柄を観察してみよう!

第11回目は「BEENOS」(3328) です。

Youtubeで動画をみる

※本動画は決して特定銘柄を推奨するものではございません。投資判断は自己責任にてお願い致します。

音が出せない方は、以下の画像とテキストをご確認ください^^!

BEENOSってどんな会社?

BEENOSは、

  • インターネット通販で大成功した会社
  • 持株会社
  • 日本で初めてギャザリングシステムを導入した会社
  • 一部上場

ギャザリングシステムとは、多くの人が共同で購入すること。

BEENOSの由来は、

  • BEE → 蜂
  • NOS → の巣

で、「『蜂の巣』のようにどんどん広がっていく」という思いが込められているそうです^^

チャートからヒントを読み取る

まず、大きな流れを確認する

チャートは、まず過去からの大きな流れを確認し、
大きな流れから現在どうなっているかを確認します。

具体的には、

  • 価格が200日EMAの上に位置しているのか、下に位置しているのか
  • 200日EMAと価格がどの程度離れているのか

などの、過去の経緯を確認していきます。

現在のチャートを確認する

このチャートから、小次郎講師は、次のことを読み取りました。

  • 3段下がってきて、4段目の下げが上手くいかなかった → 安値を切り上げた
  • 高値を切り上げてくると、上昇のNが出来上がる
  • 大循環MACDでダイバージェンシーが発生している
  • 移動平均線大循環分析のステージは4から5になったところ
  • トレンド転換か、下降トレンド継続かの過渡期
  • もみあい相場になる可能性もある

 

チャートの解説は、動画の方が分かりやすいです!
ぜひ、動画もご確認ください^^

それでは、次回の動画もお楽しみに~!!



公式インジケーターを利用する



小次郎講師と投資を学ぶ