首つり線

ローソク足の組み合わせで、上昇相場で窓を開け上放れで寄りついたあと、長い下ヒゲ(下影)を付けた後に高値で引けた型。ローソク足の実体部分は短く、下ヒゲの長いローソク足。下ヒゲが長ければ長いほど転換の兆し(売りの暗示)が強いといわれている。



公式インジケーターを利用する



小次郎講師と投資を学ぶ