大底

遡って長期の値動きを見た場合に幾つかの安い価格があるが、その中で一番低い底のところ。陰の極。

おすすめ



公式インジケーターを利用する



小次郎講師と投資を学ぶ