フィボナッチ

自然界のいたるところで見られる1.618対1という比率を発見したことで知られるイタリアの数学者。これは、連続する2つの数の和は、その次の上位の数になるという数列から導き出した比率。1をはじめとすると、1、1、2、3、5、8、13、21、34、55、89、144・・・。



公式インジケーターを利用する



小次郎講師と投資を学ぶ