ファイブ・ポイント・パターン

数学的なフィルターを使って価格パターンを分類する方法。理論上可能なファイブ・ポイント・パターンの数は、M型で16、W型で16の計32。

おすすめ


小次郎講師のデイトレを学ぶ



公式インジケーターを利用する