トレーディング・レンジ

一般的にトレンドの脇道であるが、時間が経つとレンジが上下することがある。一般的にトレーディング・レンジは中段の保ち合いのパターンで、その後に直前の動きを再現する。またこのレンジは反転の領域でもあるが、その場合底や天井の形で識別できる。

おすすめ


小次郎講師のデイトレを学ぶ



公式インジケーターを利用する