カップウィズハンドル

カップウィズハンドル

伝説の投資家、ウィリアム・J・オニールが発見した
ティーカップのような形のチャートのことで、中期的なボトムを判別する形のチャートパターン。
この形が発生した後は、相場が上昇する傾向が強いとされる。

おすすめ



公式インジケーターを利用する



小次郎講師と投資を学ぶ