用語解説18 「宵の明星」

チャート分析を学びながら
投資用語の勉強ができてしまう

「チャート分析 用語解説」

言葉の意味や成り立ちなどはもちろん、実戦でどうやって使っていくのかまで、しっかり解説していきます!

第18回目は「宵の明星」です。

動画でみる

↓↓ チャンネル登録はコチラから!

※ 本動画では TradingView のチャートを使っています(TradingViewへのリンクはこちら

音が出せない方は、以下の画像とテキストをご確認ください^^!

 

宵の明星(よいのみょうじょう)

宵の明星とは本来、日没後に西の空に見られる金星のことで、

キラリと浮かび上がるローソク足の形のことを言います。

酒田五法の三川(さんせん)の内の1つで、

海外ではニアイコールの意味でアイランドトップという用語もあるそうです。

まずは神藤さんに詳しく解説していただきましょう^^

基本の形

株式相場における宵の明星とは

前日の陽線の後に窓を開けてコマが現れ、更に窓を空けて陰線が出るローソク足の形

のことです。

下の画像を見ると非常に分かりやすいですね。

左が宵の明星、右がアイランドトップ、です。

宵の明星はポツンと煌めく夕方の金星、アイランドトップはポツンとある離れ小島のように見えます。

これらはどちらも、天井打ちのシグナルとなるそうです。

 

小次郎講師は宵の明星のように窓を空けて陰線が出た場合には

「買方は何が何でも手仕舞い、売方はどこで売を作る準備をする。」

と仰っていますね。

ポイント① 窓

小次郎講師はこの宵の明星のポイントは窓にあると仰っています。

窓を開けるという事は終値と始値にギャップが出るという事です。

そして宵の明星の形では、窓を開けた後に、実体の小さいコマ足や寄引同時線が出ます。

これはどういう事を表しているかというと、

始まりで大量の買い注文が出たものの、その後が続かなかった。

という風に言えますね。

相場状況としては

「いい感じ!と思って買ったけど材料がそんなに良くなかった」

みたいな感じですね笑

ポイント② 出現場所

小次郎講師は宵の明星が現れる場所も重要だと仰っています。

宵の明星は天井圏に出る事で天井打ちのシグナルとなるそうです。

というのも実体の小さいコマのローソク足が表しているのは

売方の踏みだからです。

新規の買が起きてコマを作るのではなく、決済の買が起きる事で

その後に続かないという状況が生まれるのですね。

明けの明星

宵の明星とは反対の「明けの明星」というのもあるそうで

こちらは底値圏で出る底打ちのシグナルということです。

小次郎講師は「どちらも覚えていただきたいですが、宵の明星のほうが大事」

と仰っています。

明けの明星よりも宵の明星の方が、確度の高い指標となるそうです。

まとめ

今回は天井打ちのシグナルになる「宵の明星」について解説していただきました。

キラリと光るコマ足に、投資家たちの様々な思惑が見えてロマンチックですね〜。

失礼しました。べつにロマンチックではないですね。

動画では「明けの明星」「アイランドトップ」についても

お二方に詳しく解説していただいてますのでぜひご覧ください^^

それでは、次回の動画もお楽しみに~!

おすすめ


株式投資のはじめかた