用語解説06 「もみ合い・レンジ・ボックス相場」

チャート分析を学びながら
投資用語の勉強ができてしまう

「チャート分析 用語解説」

言葉の意味や成り立ちなどはもちろん、実戦でどうやって使っていくのかまで、しっかり解説していきます!

第6回目は「もみ合い・レンジ・ボックス相場」です。

Youtubeで動画をみる

↓↓ チャンネル登録はコチラから!

※ 本動画では TradingView のチャートを使っています(TradingViewへのリンクはこちら

音が出せない方は、以下の画像とテキストをご確認ください^^!

もみ合いとレンジ

もみ合いとレンジには次のような違いがあります。

もみ合い

  • 横ばい相場
  • ほぼ動いていない(動きが小さい)
  • ごちゃごちゃしている
  • 上下どっちに動くか分からない

レンジ

  • 横ばい相場
  • ラインを引くことができる
  • ○○円~○○円の間(ある一定の値幅)を動く
  • 上と下の幅で利益を獲ることができる(それなりの値幅がある)

ちなみに、神藤さんはもみ合い相場を見るとワクワクするそうです。

なぜ、ワクワクするのかと言うと、

  • もみ合い相場は誰もが獲れないから注目しない
  • もみ合いやレンジが終わるとトレンドが出てくるケースが多い
  • だからこそ、もみ合い相場を見ると「いつ終わるんだろう」とワクワクする

ということなのだそうです。

つまり、

  • もみ合い相場が終わる瞬間を見極めようという観点でチャートを見ている
  • もみ合いの上放れ・下放れが売買のチャンスである
  • 長期間のもみ合いであればあるほど良い

ということですね。

6ヶ月クラスのもみ合いを見ると、小次郎講師もワクワクするそうです。

はっきりしない もみ合い

上限と下限が決まっていればトレードがしやすいのですが、レンジ相場のようなもみ合いは少なく、実際には「高値安値がはっきりしないもみ合い相場」が非常に多いです。

そんなときは「もみ合いの中心を意識すると良い」と小次郎講師は言います。

例えば上図のもみ合いだと、「もみ合いの後半で中心が上に移動した」ということが分かります。これは「もみ合い相場の中でバランスが買いに傾いた」ということを表しています。

ボックス相場

「動きが箱のような形で、その中で価格が動いていくこと」

こんな相場のことをボックス相場と言います。

  • ボックスを突破すると、そこから値動きが出る
  • 価格変動の基本的な動き

ボックス相場が続くと、多くのトレーダーは「値ごろ感」を持ってしまいますが、これは非常に危険なことです。

値ごろ感とは「ここまでいったら買われる」「ここまでいったら売られる」という相場における先入観のことです。

ボックス相場における値ごろ感は「レンジの上限や下限」を表すので良いのですが、次のボックス相場に移り変わるときに大きな損が出てしまいます。

もみ合い・レンジ・ボックス相場を見つけたら「どちらに放れるか」に注目することが重要です。

 

もみ合い・レンジ・ボックス相場も、正しく理解して投資に活かしていきたいですね!

それでは、次回の動画もお楽しみに~!!

おすすめ



公式インジケーターを利用する



小次郎講師と投資を学ぶ