用語解説03 「VIX(恐怖指数)」

チャート分析を学びながら
投資用語の勉強ができてしまう

「チャート分析 用語解説」

言葉の意味や成り立ちなどはもちろん、実戦でどうやって使っていくのかまで、しっかり解説していきます!

第3回目は「 VIX(恐怖指数)」です。

Youtubeで動画をみる

↓↓ チャンネル登録はコチラから!

※ 本動画では TradingView のチャートを使っています(TradingViewへのリンクはこちら

音が出せない方は、以下の画像とテキストをご確認ください^^!

VIX(恐怖指数)とは何か?

恐怖指数として有名なVIXですが、一体どんなものなのでしょうか。

VIXはこんなチャート

非常に特徴的な値動きをする銘柄で、市場参加者の恐怖感を表すと言われています。

  • 数値が高いと、みんなが恐怖におののいていることを示す
  • 数値が低いと、みんな何の恐怖も感じていない

どのようにして恐怖感が分かるのか

VIX(恐怖指数)とは

  • アメリカの代表的な株価指数 S&P500 のボラティリティの変化を表した指数
  • ボラティリティとは、価格変動の大きさを表したもの

VIX(恐怖指数)に用いるボラティリティは?

ボラティリティと言っても、様々な測り方があります。その中でも、VIX(恐怖指数)のボラティリティは、オプションから算出されるインプライド・ボラティリティという数値が用いられています。

このインプライド・ボラティリティ(IV)の計測方法については、動画の中で小次郎講師が分かりやすく解説してくれています。ぜひご覧ください^^!

 

正しく理解して、投資に活かしていきたいですね!

それでは、次回の動画もお楽しみに~!!

おすすめ


小次郎講師のデイトレを学ぶ



公式インジケーターを利用する