注目チャート39|ランド・ドル

       

皆さんこんにちは。

平昌オリンピックでのフィギュアスケートの羽生選手と宇野選手の金・銀メダル獲得には感動しましたね。
また、小平選手の金メダルは圧巻でした。本当におめでとうございます。

SNSでは将棋の藤井5段が羽生竜王に勝利し、羽生敗れると羽生連覇で混乱があったようです。
この時期の羽生(はにゅう)羽生(はぶ)はややこしいですね。
藤井5段はトーナメント戦で勝利し60年以上更新されていなかった最年少6段となり、
フィギュアの羽生選手も66年ぶりのオリンピック連覇ですので新たな歴史に名が刻まれました。

今週の「S」の気になるチャートは、新たな歴史を構築できるかどうか注目される国の通貨を取り上げます。
では、チャートがどうなっているか見ていきましょう。

今週の注目チャート(移動平均線大循環分析)

ランドドル  週足チャート       2月20日現在

上記のチャートは、「ランドドル」の週足チャートになります。
ランドは南アフリカの通貨になります。
FX取引をされている方は、トルコリラやメキシコペソと並んで高金利通貨としてなじみがあると思います。
大きな動きが出てきていますので注目したい銘柄になってきています。では、チャートを見ていきましょう。

移動平均線大循環分析によるステージCHECK!

現在のステージは第1ステージとなっています。
第1ステージは移動平均線大循環分析においては安定上昇期となります。
小次郎講師流に見れば、上昇帯に傾きが出てきており間隔が広がってきていますので、トレンドに勢いが出てきているのが分かります。
ここから更にトレンドに勢いが出てくるのかどうかです。
短期移動平均線と帯の関係を「CHECK」していきましょう。

ズバリ!注目点

2月14日南アフリカのズマ大統領が辞任して、反汚職や改革を訴えるラマポーザ氏が新たに大統領に就任しました。
庶民派で知られていたズマ前大統領でしたが、最後は汚職疑惑で庶民に憎まれての退陣となりました。
ズマ前政権は9年の期間でしたが、汚職や景気低迷が深刻化していましたので、2016年まで南アフリカの通貨であるランドは長期下落相場を形成していました。
しかし、2016年に入り政策金利の引き上げやドルの下落などから2017年までは切り返しました。
2017年の後半はGDPの失速やズマ大統領続投などから一時的に反落しましたが、昨年後半から一気に切り返しています。
新政権の政策運営能力に注目して見ていきましょう。

「S」の目線

2016年から2017年の経済成長率は1%未満となっており、新興国としては異例の低水準で推移しています。
また、失業率は20%を超えた状態が20年以上続いており、若者の半数は無職と言われています。
さらに、100年に一度といわれる干ばつにより水不足も深刻となっているようです。

新大統領のラマポーザ氏も2012年の鉱山会社幹部時代にストを起こした労働者に対して、警察に労働者への発砲を許し多数の死者が出る事件を起こしており、
抜本的な改革を断行できるかどうか、彼の手腕に注目が集まっています。

チャートは綺麗な上昇トレンドを形成しています。
トレンドの大転換となるのかどうかが気になりますが、政治や経済といった為替の根幹が良好な状態ではありませんので、
日足でのステージに目線を向けて取り組んでいくようにしましょう。

(ライター「S」)

 

投資歴38年のプロの手法を無料でお届け


小次郎講師の最新情報や、このサイトの更新情報もお届けします。

忙しいあなたでも5分でOK!
まずは下記よりご登録ください。


小次郎講師と投資を学ぶ