三尊天井

You are here:
< Back

三山、トリプルトップ。ヘッドアンドショルダーともいい、チャート(グラフ)において三つの山を形成する天井圏で出てきやすい動き。人の上半身のように頭を中心として左右に肩が並ぶ形でネックラインを持つテクニカルチャートのフォーメーション。出来高のパターンにも関連する特徴がある。逆さの形で底のパターンにもなる。