寺子屋チャートコラム 禅之九 パラボリック篇

とある夜、境内にて。

小次郎講師
月が…綺麗ですね…
瞬くん
そうっすねぇ。もう十五夜である中秋の名月は過ぎてしまいましたが、こう寒くなると空気が澄んで、月がはっきり見えて風流ですね。
小次郎講師
少し肌寒いぐらいですが。
瞬くん
こう月を見ながらお団子を食べてると、僕が小さい頃にあった、一休さんがお師匠さんの目を盗んでお団子をパクパク食べる謎のゲームを思い出しますねぇ。バレるとものすごい勢いで木魚の棒でぶっ叩かれるんですよ。(しみじみ)
小次郎講師
(なんの話だろう…)
瞬くん
いやぁ懐かしいなぁ…
小次郎講師
はぁ…
そんなマイナーゲームはよく知りませんが、瞬くんもせめてもう少し知的なことでも言えるといいんですが…
瞬くん
ち、知的なこと!?
小次郎講師
例えば、有名な話ですが、かの文豪・夏目漱石が英語教師をしていた頃、生徒が「I love you.」を「「我君ヲ愛ス」と訳したら「月が綺麗ですね、と訳せば日本人はそれで伝わるんです」と言った逸話だとか。
瞬くん
そ、そうだったんですか…!さすが小次郎講師博識だなぁ。
小次郎講師
投資のことだけでなく様々な教養を身につけていきましょうね!
瞬くん
は、はい!
…あれ…でも……
小次郎講師
どうしました??
瞬くん
い、いえ…!!ななな、なんでもないっす!
今日も授業宜しくお願いしますー!
小次郎講師
変な子だなぁ…
瞬くん
(え!?最初に、小次郎講師が僕に向かって言ってたことって…そ、そういうこと!?
ひぃ!)

パラボリック

小次郎講師
今日から新しいテクニカル指標「パラボリック」をお教えしていきましょうか。
瞬くん
パ、パ、パ、何?パラリンピック??
小次郎講師
パラボリック!正式名称はパラボリック・タイム/プライス・システム(The Prabolic Time / Price System)
瞬くん
なんか名前からしてご大層だなぁ。
小次郎講師
こういうチャート見たことありません??
瞬くん
あ!ありますあります!
小次郎講師
これは×で描画されてますが、マークは何でも良くて、◯だったりただのドットだったりと色々あります。
瞬くん
これがパラボリックって言うのかぁ。
ん?ネットで調べると「パラボリックSAR」なんてのも出てきますが、これは同じもの?別物?
小次郎講師
全く同じものです。
SARというのは「Stop And Reverse」の略。
“ストップ”して、そこから“リバース”するわけだから、投資用語で言うところの「ドテン」ってやつですね。
瞬くん
「ドテン」だ!
これは以前別のコラムで勉強したやつだ!
(詳しくはこちらの記事をご覧ください)
小次郎講師
(べ…別の記事??)
瞬くん
あ…いや、その…ゲフンゲフン!お、お気になさらず!
小次郎講師
そ、そうですか。
とにかくドテン(途転)というのは、新規で買ったものを手じまうと同時に新規売りし、新規売りしたものを手じまうと同時に新規買いするという手法。
瞬くん
決済したら、すぐさま逆の注文を入れるってやつですね。
小次郎講師
ただし、実はあまり一般投資家にはおすすめ出来ない手法なんです。
手じまった後に、逆のトレンドが必ずしも発生するわけではありませんから。
瞬くん
た、確かに…。
小次郎講師
そういった意味で、手じまった後すぐ逆の注文を入れるのはオススメできませんが、「手じまい」という一点においては、この【パラボリック】なかなか優れた効能を発揮する手法なんですよ!!
瞬くん
ふへぇー!
手じまいは投資家の永遠の悩みどころの一つだから、それだけでもありがたい!
小次郎講師
パラボリックはJ・ウェルズ・ワイルダーさんが考案したテクニカル指標です。
知ってる方も多いかもしれませんが、ワイルダーさんはRSI、DMI、ピボット、ATR等たくさんの人気指標を作ったテクニカル分析の第一人者です。
瞬くん
な、名前だけは聞いたことあるかも!
小次郎講師
(きっとないな…。)
そしてですね、パラボリックの意味は「放物線」。
瞬くん
パラボナアンテナみたい。
小次郎講師
あれも形状が放物線ですからね。
瞬くん
やっぱし!このチャートに描かれてるポツポツも、それぞれ放物線描くようにカーブしてますもんね。
小次郎講師
そうなんです。その形を言い表しただけですから、決して難しいものではないんですよ。
では、いつものように計算式からいきますよ。
瞬くん
アルファベットがいっぱいあると難しそう…!
小次郎講師
見た目は、ですね。この英語の意味と大袈裟な漢字の意味がきちんとわかれば、このテクニカル指標とも仲良くなれますよ。
瞬くん
うっす!目指せテクニカルマスターっす!
小次郎講師
まずSARというのがこの指標そのものである、のこと。
そしてAFは一旦置いといて、EPとは「Extreme Point」の略。極限値、なんて言葉で言うから難しく感じるだけで、上昇トレンドだったら「最高値」下降トレンドだったら「最安値」と言い換えると途端に分かりやすくなります。
瞬くん
チャートを見ると、上昇と下降の時で、この点々が上下入れ替わってるように見えますね。
小次郎講師
ナイス着眼点!SARの点がチャートの下側に描かれていたら上昇トレンド、上側に描かれていたら下降トレンドとみなします。
瞬くん
ちょこちょこ点々が上下に入れ替わってる時は?
小次郎講師
そういう時期はもみ合い相場です。この点々ちゃんたちは、大別して上昇か下降の2分しかできないので、点々が上に行ったり下に行ったりしてる時は、すなわちもみ合い相場だということが言えるんです。
瞬くん
確かにもみ合い期にも小さな上昇と小さな下降がありますもんね。
小次郎講師
そしてAFというのは
瞬くん
オートフォーカス!!
小次郎講師
はい全然違います。AFは「Acceleration Factor」の略。加速因子、という訳もそのままなんですが、相場の勢いがあり上昇下降が加速していくとこれが増える、くらいに今は思っていただいて構いません。
瞬くん
この0.02~0.2という範囲はなんぞ??
小次郎講師
これぞパラボリックの特徴で、この数字は0.02から始まり、0.02ずつ増えていき最大で0.2までしか増えません。
瞬くん
(プスプスプス…す、すうじ…にが…て…)
小次郎講師
こんなので頭ショートしないでくださいよ!!ただの足し算ですから!
瞬くん
あ、こう書かれると楽勝ですね。
小次郎講師
(ホントすぐ調子乗るなぁ…)
瞬くん
増えていくけど、0.2がリミットだと。
小次郎講師
トレンドが勢い付いている時だけ増えるので、上昇相場だったら新高値を更新した時、下降相場だったら新安値を更新した時にしか、このAFは増えません。
瞬くん
ふむふむ。そうやって出した数字で点々の位置が決まり、それが価格とぶつかると上下の点々が入れ替わる、とかですか!?そう見える!
小次郎講師
冴えてる!と言いたいところですが、それだとパラボリックの本質を何も理解してないと等しいので、なぜそうなるのかの理屈もきちんと理解しなくてはいけません。
瞬くん
はっ!短絡的にサインだけを覚えたがる、一番やっちゃいけないことをやろうとしてしまった…!猛省!
小次郎講師
そうなんです。一般には点々がぶつかったら買い時、売り時、だけ説明してるサイトや書物が多いのですが、その意味を知らないと到底テクニカル指標とは仲良くなれないので、私はしつこく本質を追求していきますよ!
瞬くん
その姿勢にいつも背筋を正されます。さすがお師匠!
小次郎講師
この指標の持つ本質は、「的確な手じまい」という点。そしてそれは最高峰のトレイリングストップなんですよ。
瞬くん
ト、ト、ト、トレインスポッティング!?
小次郎講師
後で一緒に耳掃除をしましょう。
トレイリングストップ!!(大声で)
瞬くん
(キーーン!)
小次郎講師
そういえばまだこの説法はしてませんでしたね。
瞬くん
(出た、急に思い出したかのように、お寺設定出してくるやつ)
小次郎講師
トレイリングストップとは、一度決めたロスカットラインを価格の上昇・下降に合わせて追随させる手法。例えば何かを1000円で買ったとして、ロスカットラインを800円に決めたとします。そうしたらその200円幅を保ったまま、価格の上昇に合わせて手じまいラインも同じだけ切り上げていくんです。
瞬くん
そしてその手じまいラインは価格が下がっても変わらない。下がって手じまいラインにタッチしたら、そこで決済されるってことですからね。
解説はこちらに載ってますよ!
小次郎講師
なんだ!知ってたじゃないですか!
瞬くん
へへ、僕だって日々進化してるんですよ。
小次郎講師
男子三日会わざれば刮目して見よ…!!
瞬くん
ロスカットラインが最初の設定のままだと、どれだけ上手く流れに乗って価格が上がっても、
上の図で言えば800円までもし下落しちゃったら一気に利益なくなっちゃいますもんね。
小次郎講師
それを防いでくれるのがトレイリングストップ。利益は確実に確保しつつ相場の急変にも対応できる優れた手法です。ですが、長所もあれば短所もある。人と一緒ですね。
瞬くん
と、言いますと!?
小次郎講師
価格上昇中にも一時的な下げというものがありまして、価格が大きく上昇すればするほど、その一時的な下げもドーンと大きなものになります。
瞬くん
確かに。深い押し目も上昇相場の中でたまに見ますもんね。
小次郎講師
その時にトレイリングストップで手じまいラインを上げていると、その後まだまだトレンドは続くのに、その一時的な押し目で決済ラインに引っかかってしまうということもあるのです。
瞬くん
そうすると、大きなトレンドは獲れないっすなぁ。言われてみれば短所かも。
小次郎講師
トレイリングストップももちろん素晴らしい手法なんですが、その問題点を改善したのがパラボリック!
瞬くん
おぉ!俄然興味が湧いてきました!!
小次郎講師
そしてそして!さらにその問題点を克服した「小次郎講師流トレイリングストップ」というのも存在するのですが…!
瞬くん
ですが…!?
小次郎講師
それはまぁ秘密、ということでね 笑
瞬くん
ええー!出し惜しまれると気になる!!
小次郎講師
いつかセミナーでお会いした際にでも直接お話しできればと思います。
瞬くん
まぁ今日はパラボリックのお話ですもんね。
少し話がトレイリングストップの方に逸れてしまいましたが、結局のところ、その改良バージョンのパラボリックは手じまいの際にどう有効活用できるんですか!?
小次郎講師
まぁこの話はまだまだ奥が深いので、夜も更けてきたことですし、今日は寝て、また明日続きをお話ししましょう。
瞬くん
ちぇーっ!今持ってるポジションの利益確定に早速役立てようと思ってたのに…!
小次郎講師
もう遅いですし寝ましょ。
ほら、寝ますよ!
瞬くん
はい…あれ…?え、え?(まさか一緒にかな?一緒に寝るのかな!?)
小次郎講師
どうしました?
ほら…歯も磨いて。(ダンディ―ボイス)
瞬くん
(ひっ、ひぃ!冒頭のこと今思い出した!!)
あ、なんか今日は臥薪嘗胆したい気分なので納屋の薪の上で寝まっす!
おおおおおおおやすみなさい!
小次郎講師
(一人で何の勘違いをしてるんだろうか…?)

おしまい